SDGsへの取り組みINITIATIVES FOR SDGs

株式会社フジモトホールディングスのSDGs宣言

株式会社フジモトホールディングスは、
国連が定めた持続可能な開発目標であるSDGsの趣旨に賛同します。
青果物のトータルコーディネートを通じ、地域の安心安全な「食」を支える担い手として、
すべてのステークホルダーと連携し、環境と調和した持続可能な社会づくりに貢献します。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SDGsは(Sustainable Development Goals=「持続可能な開発目標」)の略です。
2015年9月に国連サミットで定められた国際目標で、17の目標と、それぞれの目標に設定された169のターゲットから構成されています。「誰一人取り残さない」ことを掲げており、発展途上国のみならず、日本を含む先進国でも積極的に取り組んでいます。

株式会社フジモトホールディングスのSDGsへ取り組む思い

私たちフジモトホールディングスは、地域の皆様の食生活に欠かせない青果物を安定的に供給するという社会的役割を担っています。

国際的なSDGsへの関心が高まるなか、これまでの弊社グループの事業活動が評価され、 2021年8月、「第1期熊本県SDGs登録事業者」に選定されました。また、同月、当社独自の「フジモトホールディングスSDGs宣言」を行いました。これは、当社としてSDGsの取り組みを従来型の社会貢献活動を中心に行うのではなく、本業を通じた社会課題解決に積極的に取り組んでいくという立場を明確に示したものです。

食を取り巻く環境は急速に変化し、人口減少による国内市場の縮小、食の多様化、安全基準のグローバル化など、様々な課題解決が求められています。SDGsは、安心安全な食を通じて社会に貢献していくという当社の理念そのものであり、当社では「顧客第一主義」「本業での地方創生」「働きがいのある職場づくり」「環境保全への貢献」を重要課題に設定し、重点的に取り組んでいます。

これからも、当社の社会的役割や強みを認識しながら、地域・お客様、そして当社の持続的成長と地球環境や地域特有の社会課題解決の両立に向けて取り組んでまいります。

藤本物産グループ代表 藤本 泰弘

藤本物産グループ代表
藤本 泰弘

フジモトホールディングスのビジョン(目指す姿)

青果物のトータルコーディネートを通じ、「食」を支えるリーディングカンパニーへ。フジモトホールディングスのビジョン図

重点課題

持続可能な地域社会の実現に向けて取り組む重点課題

顧客第一主義

お客様から信頼される
確かな流通システムを提案します

  • 2 飢餓をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 9 産業と技術革新の基盤を作ろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
本業での地方創生

本業を通じた活動を通じ、
社会貢献活動を持続的に推進します

  • 2 飢餓をゼロに
  • 9 産業と技術革新の基盤を作ろう
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
働きがいのある職場づくり

プロフェッショナルとしての自覚と責任を持ち、
日々発展し成長します

  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 8 働きがいも経済成長も
環境保全への貢献

あらゆる環境問題に対し、
ステークホルダーと連携して取り組みます

  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を

取組内容

顧客第一主義

顧客第一主義
  • 2 飢餓をゼロに
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 9 産業と技術革新の基盤を作ろう
  • 11 住み続けられるまちづくりを

青果物のトータルコーディネートを通じ、地域の安心安全な「食」を支える担い手として、お客様から信頼される確かな流通システムを提案します

  • 青果物の安定供給による安心安全な「食」への貢献
  • 消費者への「食育」を通じた「食」に関する知識の提供
  • ステークホルダーとの連携による商品開発
  • ふるさと納税による地域への貢献

本業での地方創生

本業での地方創生
  • 2 飢餓をゼロに
  • 9 産業と技術革新の基盤を作ろう
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

本業を通じた活動で、食に関わる社会貢献を持続的に推進し、持続可能な地域社会づくりに貢献します

  • 農業振興への貢献
  • スマート農業への取り組み
  • 新規就農者支援
  • 収益の一部を各自治体へ寄付

働きがいのある職場づくり

働きがいのある職場づくり
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 5 ジェンダー平等を実現しよう
  • 8 働きがいも経済成長も

働く場としての魅力や生産性を高め、グループ社員一人ひとりがプロフェッショナルとしての自覚と責任を持ち、日々発展し成長します

  • 社員の健康増進の取り組み
  • 資格取得支援
  • ワークライフバランスの実現の取り組み
  • 女性活躍推進
  • 雇用を通じた地域貢献
  • 自己啓発への取組み(木鶏会)

環境保全への貢献

環境保全への貢献
  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を

自然と調和した事業活動を通じ、あらゆる環境問題に対し、すべてのステークホルダーと連携して取り組みます

  • 環境保全への取り組み
    物流見直し(積載効率、配送ルート)
    ペーパーレスへの取り組み
  • 循環型産業への取り組み
  • 熊本の地下水保全への取り組み
  • 耕作放棄地への取り組み